よくあるご質問

記帳関係よくあるご質問

Q1今、別の先生にお願いしているのですが、期の途中からでもそちらでお願いすることはできますか?
A期の途中から変わっていただくことについては、何ら問題ありません。作業が終わっているところまでの資料を前の先生にもらっていただくだけで結構です。
Q2顧問税理士はいるのですが、財務の説明などを全くしてくれません。財務だけのアドバイスでもしていただけますか?
A決算の資料を頂戴しましたら、決算説明をいたします。そうすれば、現状の問題点が見えてくるのではないでしょうか。利益があがっているけどお金がないという状態であれは、その原因を分析いたします。
Q3会計ソフトの導入の手伝いはしていただけますか?
A弥生会計の導入のお手伝いをしております。1回1-2時間程度、3回に分けて、設定から入力、出力まで一通り受けていただければ、使いこなしていただけます。弊所には、弥生会計の公認インストラクターがおりますので、ご安心ください。
Q4給与計算や社会保険の手続き、役員変更の登記等もしていただけますか?
Aやらせていただいております。すべてお任せください。
Q5借入の交渉はしていただけますか?
A国金、保証協会、銀行などと交渉いたします。
Q6資金繰りや経営計画は立てて頂けますか?
A資金繰りは中小企業の命といっても過言ではありません。もちろん、お手伝いいたしておりますが、日常の管理、チェックは会社でしていただかなければなりません。また、本格的に経営計画を立てたいというお客様には、計画立案のお手伝いをいたします。
Q7記帳代行、決算申告は全国どこでも対応してくれるの?
A郵便、メール、電話、FAX、交通機関などを利用して、できる限り対応いたします。関東の方にもメールでやり取りしているお客様がおられます。
Q8税務調査には立ち会っていただけるのですか?
Aもちろんです。交渉の余地がある場合は、できる限り交渉します。
Q9決算申告関係は別の先生にお願いするとして、税務や経営の相談にのってほしいのですが?
A別に先生がおられるいうことは、よくあることです。相談だけというお客様もたくさんおられますので、お気軽にご相談ください。

相続関係よくあるご質問

Q1決算をお願いしている先生がおられるのですが?
A弊社が依頼を受けるお客様のほとんどは、顧問税理士がおられるところです。弊社の方は何ら問題はありませんし、顧問の税理士先生にご迷惑をおかけすることもありません。
Q2相続税の申告期限は10ヶ月とのことですが、どれぐらいまでにお願いすればよいでしょうか?
A申告をするには、たくさんの資料を準備してしていただかなければなりませんし、遺産分割や納税資金などの検討にも時間が要しますので、できるだけ早くご相談ください。
Q3相続の申告は必要書類が多いそうですが、高齢でなかなか自分では揃えられません。こうしたこともお願いできますか?
A料金は発生いたしますが、こちらで書類の手配をさせていただくことはできます。
Q4遺産分割協議書の作成はお願いできますか?
A分割方法を教えていただきましたら、それを書類にいたします。
Q5分割に基づいて土地や預金、株式などの名義を変えなければなりませんが、遠方に居住しているため手続きができません。手続きの代行はしていただけますか。
A料金はかかりますが、不動産の登記は司法書士に依頼するなどして、すべて代行させていただくことができます。
Q6調査があった場合は、立ち会っていただけますか?
Aもちろん、調査には立ち会います。立会いに際しては、どのように調査が行われるのか、何を事前に準備していただくのかといったこともご説明いたします。
Q7引き続き、母の相続税対策の相談にものっていただきたいのですが?
Aお母さんの相続税対策は、お父さんの申告時からすでに始まっています。もちろん、継続してご相談に乗らせていただきますが、まずはお父さんの相続です。お父さんのをどうするかで、お母さんのもかなり違ってきます。
Q8土地の評価額が時価に比べて高いのですが?
A土地の評価が時価に比べて、誰が見ても高いということであれば、事前に税務署と交渉します。そうでない場合は、否認のリスクがありますので、とりあえずは税務上の評価で申告して、後で鑑定士の鑑定評価などに基づく還付申告をいたします。
Q9相続後の不動産登記もお願いできますか?
A測量士をご紹介することはできますが、測量にも費用が発生しますので、どちらが有利か検討してください。

相続税対策よくあるご質問

Q1相続税対策だけでなく所得税の節税もしてほしいのですが。
A相続税対策というのは、相続税だけでなく、所得税、法人税の税効果も考えて行わなければ意味がありません。弊社では、総合的な税効果を検討してご提案いたします。
Q2不動産の有効活用の相談にものってくれるの?
A不動産の有効活用は相続税対策の代表格ですが、活用方法を間違えると何の相続税対策にもなりません。父親の土地の上に父親の建物を建てるのと子供の建物、会社の建物を建てるのとでは全然違った対策になってしまいます。対策の入り口が非常に大切ですので、早い時期にご相談ください。
Q3不動産管理会社を作りたいのですが。
A不動産管理会社を有効に活用する方法には、一括貸付する方法と管理業務を委託する方法と不動産そのものを管理会社の所有にする方法と3通りあります。どの方法にするのか、株主はだれか、役員はだれかによってその効果は全然違ったものになります。会社を作る前にご相談ください。なお、会社の設立手続きもいたしておりますので、お気軽にご相談ください。
Q4不動産投資を検討していますが、収支、資金繰りなどのアドバイスもいただけますか?
A不動産投資をする場合に、一番大切なことは節税より物件の収支です。収支、資金繰りを軽視して節税に目を取られると苦労するハメに陥ってしまいます。また、名義を誰にするかも大切です。投資する前にご相談ください。
Q5生命保険は相続税対策になるそうですが、プランを作っていただけますか?
A生命保険は、①相続税の節税、②納税資金の準備、③遺産分割の調整に活用できます。ニーズに合わせてプランニングさせていただきます。
Q6決算をお願いしている先生がおられるのですが?
A相続税対策と会社の決算は別物と考えていただいてよろしいのではないでしょうか。弊社の場合も、会社の顧問の先生がいらっしゃるというケースが大半です。会社の決算は今までどおりやってもらってください。
Q7他の先生のプランの検証をしていただきたいのですが。
A建設会社と提携している税理士が勧めるプランは、建設会社寄りのプランですので中立的ではありません。弊社は、お客様サイドに立ってご相談に乗りますので、違ったアドバイスができると思います。
Q8不動産管理会社の帳簿をみてもらったらいくらかかるの?
A会計ソフトをお使いのお客様は月3,000円から、手書き帳簿のお客様は月6,000円からです。詳しくはこちらをご覧ください。なお、弊所は顧問料は不要です。
Q9自分の不動産を計画的に予算を立てて子供に贈与していきたいのですが、そんなプランニングもしていただけますか?
A贈与は、相続税対策の基本ですが、計画的に行うと大きな効果が得られます。プランニングは、効果をシミュレーションしますので、それを参考に検討してください。
Q10会社の節税対策のアドバイスもいただけますか?
A会社の節税対策は、自社株対策にもつながりますので、もちろんアドバイスいたします。
Q11所得税対策の相談にものっていただけますか?
A脱税はいけませんが、節税はどんどんやるべきです。所得税対策は相続税対策にもつながりますので、もちろんご相談に乗らせていただきます。
Q12不動産管理会社の設立手続きはしていただけますか?
A会社の設立手続きのお手伝いもしておりますのでご相談ください。
Q13遠方でも相談にのっていただけますか?
Aご相談には乗らせていただきますが、毎月来てほしいというご希望ですと難しくなります。
上に戻る